小児性愛者が教職やスポーツ講師を志望するケースも・・

ペドフィリア(小児性愛)
エロトマニー(恋愛妄想)0147

「小児性愛」と「恋愛妄想」

 2019年6月25日
群馬県において担任教師のU(27)が中学生の女子生徒を拉致監禁する事件が起きた。
監禁容疑で逮捕されたU容疑者については周囲から「真面目と評判」と言われている。
そんなU容疑者が何故拉致監禁を実行したのか?・・・
それには次に挙げる二つの特殊な「性癖」を持つ可能性が考えられる。
(1)ペドフィリア(小児性愛)
(2)エロトマニー(恋愛妄想)0148
U容疑者は「わいせつ目的でやった」と供述している。
それには性的に成熟していない少女を性対象とする「ペドフィリア」の可能性が考えられる。
「ペドフィリア」は、幼児もしくは少女にしか欲情しない「真性ペドフィリア」と、
成人女性に相手にされなかったり、
怖くて接近できなかったりして代わりに幼児や少女を性対象とする「代償性ペドフィリア」に大別される。
 「真性ペドフィリア」は、俗にロリコン(ロリータ・コンプレックス)と呼ばれるが、
こうした性癖を持つ者が、幼児や少年・少女に接近することが正当で
周囲から怪しまれない職業を選択することがあるようだ。
※同性愛的ペドフィリアも存在し、男の子を性対象にする
 0090
その性癖を持つ者に選ばれやすいのは教師やスポーツ指導者。
その結果、生徒の女児がわいせつ行為や強制性交の性被害に遭う可能性は少なくない。
ヨーロッパでは、教会に集まる子どもたちへの聖職者による性的虐待が告発され、大問題になった。
「代償性ペドフィリア」は、概ね内向的性格の男性に多いといわれている。
U容疑者が勤務し、拉致監禁された女子生徒が通っていた私立中学の教頭によれば、
U容疑者は「非常に誠実で真面目で、勤務態度も決して悪くない先生。
そういう意味では、ちょっと真面目すぎて……」ということなので、
こうした堅物な性格が災いして成人女性に声をかけることができなかったのかもしれない。

dakg_002_02

 もう一つの可能性として考えられるのは、
被害に遭った女子生徒が「自分に気がある」「自分に好意を抱いている」と、根拠もないのにU容疑者が思い込んでいた「エロトマニー」である。

 

28f302481da7f296e21c96963e1eb68e

「エロトマニー」は
「愛されているという妄想錯覚」であり、さまざまな逸脱行為の根底に潜んでいる。
多いのは、ストーカーが「自分に気があるはず」と思い込むケースである。
たとえば、高齢の男性がスーパーのレジの女性や喫茶店のウエイトレスを待ち伏せしたり、
跡をつけたりして問題になり、精神科に連れてこられた場合、
「にっこり微笑んでくれたので、自分に気があると思った」
「優しくしてくれたので、自分に好意を持っていると思った」などと話す。
その背景には孤独感もあるのだろうが、
ここまで勘違いできるのかと呆れることが少なくない。
0020

 

 U容疑者も、女子生徒が微笑んだり、いろいろ質問したりしただけで、
「自分に気があるはず」と思い込んだのかもしれない。
監禁するまで暴走したのは、
真面目すぎて女性と交際した経験がなく、孤独だったせいではないか。
「ちょっと真面目すぎて」と周囲に思われていたのは、
裏返せば性衝動を過度に抑圧していたからだろう。
だからこそ、教え子を監禁するというかたちで暴発したわけで、背筋が寒くなる事件である。
(文=片田珠美/精神科医)

excite.news掲載2019/6/28「Gettyimages」より
https://www.excite.co.jp/news/article/Bizjournal_201906_post_106530/
画像は全てイメージです。

高校生の時、教師から性被害を受けた

性被害に遭った田村千尋さん(仮名:28歳)

教師が突然、私の下着に手を入れてきた!

JK_手マン_アへ顔_絶頂_エロ画像_09[1]
彼女が高校生だった10年ほど前のこと。
信頼していた教師が突然、下着に手を入れてきた!。
しかし全く抵抗できず・・・。
これは所謂「凍りつき症候群」と言える。
「抵抗しない=合意上の性交渉」と妙な錯覚をおこし、
加害者の手はエスカレートする。
それ以来、
「絵のモデルになれ」というような理由で裸にされたり、
緊縛の姿にされてカメラで撮影されてしまった。
その写真が「口止め料」になり、
教師の言いなりになり続けた。fdb0df85746a28c7445c58c015bbb121[1]
何度も教師から無理やり性被害を受けたにも関わらず、
そのわいせつ行為を従順に受け入れてしまった自分を責めた。
その結果、彼女は高校卒業後に鬱病を発症。
加害者の教師は今も教壇に立っている。
彼女は「どの子にも起こりうるし、どの学校でもありうること」だと語る。

「高校生の時、教師から性被害を受けた」の続きを読む…

衝撃!!教諭が小学生女児7人に卑劣なワイセツ行為

【スクールセクハラ】千葉県
小学校教諭によるワイセツ事件。

性被害に遭った小学生女児は6歳から12歳の7人。

BtWVFsrCQAAvstN_trim

小学生児童を
放課後の教室や倉庫に連れて行き、
少女に目隠ししたり・・。
少女の陰部を触り、指を挿入した。
「味の検査」と言って女の子の陰部を舐める。
そして自分のペニスを咥えさせる。
少女5人とのわいせつ行為をカメラで撮影した。
深刻なのは撮影した動画について「流出した可能性がある」という。
わいせつ行為が明るみになったのは、
被害児童の1人が母親に被害を訴えたため犯行が発覚。
判決:千葉地裁で懲役14年の実刑判決。
「性欲のおもむくまま、卑劣かつ醜悪極まりない」
「6歳から12歳の被害児童らに対して、教諭である被告人への畏怖あるいは信頼を利用した」
判決「主文。被告人を懲役14年に処する」
(強制性交罪・児童ポルノ禁止法違反罪)
裁判では勇気ある被害者少女の一人が出廷した。
少女は「一生、刑務所の中で暮らしてください」と言った。
引用:文春オンライン

「味の検査」と言って女の子の陰部を

a34210ea4e12a35860cbc011f6ddc646_sbokasi
千葉ロリコン教師に懲役14年判決「『味の検査』と称して目隠しをして…」約5年半、2つの小学校で女児7人が被害
千葉県千葉市で約5年半にもわたって明るみに出なかった小学生7人が被害に遭った、
小学校教諭によるわいせつ事件。
強制性交罪、児童ポルノ禁止法違反罪などで起訴された元教員・X被告(36)に対する裁判が12月23日、
千葉地裁で開かれ、懲役14年(求刑15年)の実刑判決が言い渡された
黒のスーツに白いシャツ姿で入廷したX被告は、
開廷前から落ちついた表情で判決を待っていた。
検察官側には、被害者の家族などの関係者やその弁護士らが同席したが、
衝立で大きく遮蔽され、傍聴席からその姿を伺うことはできない。
.
約5年半、女子児童7人にわいせつな行為を繰り返した判決の言い渡しを前に、検察側から起訴状の表現を変更する訴因変更が行われた。
前田巌裁判長に「付け加えることはないか」と問われると、
「改めて謝罪したいと思います」と述べ、被害者の関係者らに深く一礼した。
 「主文。被告人を懲役14年に処する」
  裁判長が判決文を読み上げると、証言台に立ったX被告は小さく「はい」と返事をした。
「長くなりますので」と促されて被告人席に戻り、座って残りの判決を聞いた。
152fc08b8a46f4765bf56b19ba2636fc_s
  判決によると、被告は2013年1月から18年7月までの約5年半、
勤務していた2つの千葉市立の小学校の教室や倉庫で、
当時6~12歳の担任していた女子児童7人に対し、
児童の陰部を触ったり、
X被告の局部を咥えさせたりするなどのわいせつな行為に計15回及んだ。自宅から押収したハードディスクなどから他にも複数の被害者がさらに、そのうち5人ついては、わいせつな行為をカメラで撮影し、
児童ポルノ禁止法違反罪にも問われた。
18年7月、被害児童の1人が学校で被害に遭い、その日のうちに母親に被害を訴え、
犯行が発覚。
千葉県警がX被告の自宅から押収した外付けハードディスクなどから他にも複数の被害者がいることがわかった。
 c3d83a180adda5b5f4efdf2b21abeba2_s_trim
  裁判は、昨年10月に始まり、約1年間にわたり審理が行われ、
X被告の犯行の詳細が次々に明らかになっていった。
今年10月31日にあった前回の公判では、被害者の1人が出廷し、
「一生、刑務所の中で暮らしてください」と述べていた。
  判決文はX被告の犯行をこう総括した。
 「6歳から12歳の被害児童らに対して、教諭である被告人への畏怖あるいは信頼を利用した」
7cb951644ac796450dc74c55221995f7_s
「性欲のおもむくまま、卑劣かつ醜悪極まりない」
 忘れ物を繰り返した児童を「指導」を名目に呼び出したり、
「味の検査」と称して目隠しをしてわいせつな行為をしたりした。
また、「傷の状態を確認する」といって、衣服を脱がせたこともあった。
その上で「性欲のおもむくまま、児童の陰部を手指で触ったり、
口淫したりするなどの極めて強度なわいせつな行為を行い、
卑劣かつ醜悪極まりない」と述べた。
X被告が撮影した動画についても「流出した可能性もあり、悪質で軽視できない」とした。
.「就業中、堂々と、しかも担任という絶対的立場を悪用」また「就業中、堂々と、しかも担任という絶対的立場を悪用し、
長期間にわたって反復して犯行を行った。
その大胆さと常習性は目に余る」とも糾弾した。
9c51b3ce4c1229a4c807031610eb9b37_s_bokasi
 裁判では、X被告はおおむね犯行を認めていたが、
1人の被害者に対して行った犯行については、
証拠となる映像が不鮮明な部分や、映像がない部分については否認した。
被害者本人が出廷して、犯行について証言し、食い違う場面もあった。
判決では、被害者の証言が全面的に信用できると判断。
その上で、「被告人は、客観的に裏付けられている犯行のみを認め、その余は責任を回避しようとする姿勢が見られる」と指摘した。
  言い渡しの間、X被告は席で手を膝に置き、
判決を読み上げる裁判長をじっと見ながら聞いていた。
判決の宣告が終わると、裁判長が「閉廷します」と述べた。
X被告は被告人席に座ったまま、被害者の関係者に向かって一礼。
刑務官に連れられ、法廷を後にした。
.
村田 珠里/週刊文春デジタル
 引用:文春オンライン
画像は全てイメージです。(事件とは無関係)