衝撃!!教諭が小学生女児7人に卑劣なワイセツ行為

【スクールセクハラ】千葉県
小学校教諭によるワイセツ事件。

性被害に遭った小学生女児は6歳から12歳の7人。

BtWVFsrCQAAvstN_trim

小学生児童を
放課後の教室や倉庫に連れて行き、
少女に目隠ししたり・・。
少女の陰部を触り、指を挿入した。
「味の検査」と言って女の子の陰部を舐める。
そして自分のペニスを咥えさせる。
少女5人とのわいせつ行為をカメラで撮影した。
深刻なのは撮影した動画について「流出した可能性がある」という。
わいせつ行為が明るみになったのは、
被害児童の1人が母親に被害を訴えたため犯行が発覚。
判決:千葉地裁で懲役14年の実刑判決。
「性欲のおもむくまま、卑劣かつ醜悪極まりない」
「6歳から12歳の被害児童らに対して、教諭である被告人への畏怖あるいは信頼を利用した」
判決「主文。被告人を懲役14年に処する」
(強制性交罪・児童ポルノ禁止法違反罪)
裁判では勇気ある被害者少女の一人が出廷した。
少女は「一生、刑務所の中で暮らしてください」と言った。
引用:文春オンライン

「味の検査」と言って女の子の陰部を

a34210ea4e12a35860cbc011f6ddc646_sbokasi
千葉ロリコン教師に懲役14年判決「『味の検査』と称して目隠しをして…」約5年半、2つの小学校で女児7人が被害
千葉県千葉市で約5年半にもわたって明るみに出なかった小学生7人が被害に遭った、
小学校教諭によるわいせつ事件。
強制性交罪、児童ポルノ禁止法違反罪などで起訴された元教員・X被告(36)に対する裁判が12月23日、
千葉地裁で開かれ、懲役14年(求刑15年)の実刑判決が言い渡された
黒のスーツに白いシャツ姿で入廷したX被告は、
開廷前から落ちついた表情で判決を待っていた。
検察官側には、被害者の家族などの関係者やその弁護士らが同席したが、
衝立で大きく遮蔽され、傍聴席からその姿を伺うことはできない。
.
約5年半、女子児童7人にわいせつな行為を繰り返した判決の言い渡しを前に、検察側から起訴状の表現を変更する訴因変更が行われた。
前田巌裁判長に「付け加えることはないか」と問われると、
「改めて謝罪したいと思います」と述べ、被害者の関係者らに深く一礼した。
 「主文。被告人を懲役14年に処する」
  裁判長が判決文を読み上げると、証言台に立ったX被告は小さく「はい」と返事をした。
「長くなりますので」と促されて被告人席に戻り、座って残りの判決を聞いた。
152fc08b8a46f4765bf56b19ba2636fc_s
  判決によると、被告は2013年1月から18年7月までの約5年半、
勤務していた2つの千葉市立の小学校の教室や倉庫で、
当時6~12歳の担任していた女子児童7人に対し、
児童の陰部を触ったり、
X被告の局部を咥えさせたりするなどのわいせつな行為に計15回及んだ。自宅から押収したハードディスクなどから他にも複数の被害者がさらに、そのうち5人ついては、わいせつな行為をカメラで撮影し、
児童ポルノ禁止法違反罪にも問われた。
18年7月、被害児童の1人が学校で被害に遭い、その日のうちに母親に被害を訴え、
犯行が発覚。
千葉県警がX被告の自宅から押収した外付けハードディスクなどから他にも複数の被害者がいることがわかった。
 c3d83a180adda5b5f4efdf2b21abeba2_s_trim
  裁判は、昨年10月に始まり、約1年間にわたり審理が行われ、
X被告の犯行の詳細が次々に明らかになっていった。
今年10月31日にあった前回の公判では、被害者の1人が出廷し、
「一生、刑務所の中で暮らしてください」と述べていた。
  判決文はX被告の犯行をこう総括した。
 「6歳から12歳の被害児童らに対して、教諭である被告人への畏怖あるいは信頼を利用した」
7cb951644ac796450dc74c55221995f7_s
「性欲のおもむくまま、卑劣かつ醜悪極まりない」
 忘れ物を繰り返した児童を「指導」を名目に呼び出したり、
「味の検査」と称して目隠しをしてわいせつな行為をしたりした。
また、「傷の状態を確認する」といって、衣服を脱がせたこともあった。
その上で「性欲のおもむくまま、児童の陰部を手指で触ったり、
口淫したりするなどの極めて強度なわいせつな行為を行い、
卑劣かつ醜悪極まりない」と述べた。
X被告が撮影した動画についても「流出した可能性もあり、悪質で軽視できない」とした。
.「就業中、堂々と、しかも担任という絶対的立場を悪用」また「就業中、堂々と、しかも担任という絶対的立場を悪用し、
長期間にわたって反復して犯行を行った。
その大胆さと常習性は目に余る」とも糾弾した。
9c51b3ce4c1229a4c807031610eb9b37_s_bokasi
 裁判では、X被告はおおむね犯行を認めていたが、
1人の被害者に対して行った犯行については、
証拠となる映像が不鮮明な部分や、映像がない部分については否認した。
被害者本人が出廷して、犯行について証言し、食い違う場面もあった。
判決では、被害者の証言が全面的に信用できると判断。
その上で、「被告人は、客観的に裏付けられている犯行のみを認め、その余は責任を回避しようとする姿勢が見られる」と指摘した。
  言い渡しの間、X被告は席で手を膝に置き、
判決を読み上げる裁判長をじっと見ながら聞いていた。
判決の宣告が終わると、裁判長が「閉廷します」と述べた。
X被告は被告人席に座ったまま、被害者の関係者に向かって一礼。
刑務官に連れられ、法廷を後にした。
.
村田 珠里/週刊文春デジタル
 引用:文春オンライン
画像は全てイメージです。(事件とは無関係)

性被害に遭ったとき無抵抗になってしまう女の子

rape-5915-080[1]
【凍りつき症候群】
頭が真っ白になって呆然自失状態になってしまうこと。
一切の思考回路が停止し、
思考停止状態になってしまうこと。
「ショック相」とも呼ばれています。
 痴漢53905067

襲われた女の子は思考停止状態に・・

女の子が突然襲われた際、
あまりの唐突な強襲に頭が真っ白に・・。
そして、抵抗したり声を出すことさえ出来ません。
それはおろか、
茫然自失の状態に陥ってしまいますから、
女の子は思考停止状態になり
正確な判断が出来ないまま、
加害者に弄ばれてしまいます。
レイプ_強姦魔_セックス_エロ画像_20191222
足がガクガク震えたり、腰が抜けてしまったり、
筋肉が弛緩する状態になったりしていますから、
意識はあっても身体を全く動かせない状態です。
その時間の経過とともに、
着衣を徐々に脱がされてしまい、
ワイセツ行為や性交渉に及んでしまうのです。

襲われながら時間が暫くたつと、
被害者の女の子はストレス反応により、
「抗ショック相」と呼ばれる精神状態になってきます。
闘争ないし逃亡を試みる段階になります。
しかし既に加害者によって拘束された状態では、
儚い抵抗しかできず、逃亡も諦めざるを得ません。

レイプ_強姦_鬼畜_セックス_532918抵抗も逃亡も出来ないと判断したあとは、
「従順」と「懐柔」という領域の精神状態になります。
これは、加害者に対して従順になり、
身を任せて言いなりになり相手を刺激させないように考えます。
理由としては、
女の子が加害者に従順に振る舞うことで、
最悪の「死」ということから自分を守るための防衛反応です。
興奮状態で襲ってくる相手に逆らわずに、
恥部を触られても衣服を脱がされても、
されるがままに従います。
レイプ_0619537
そしてなんとか相手を「懐柔」して被害を最小化しようとします。
抵抗して犯人を刺激するよりも、
むしろ従順になって
「暴力をふるってほしくない」
「この時間が早く終わってほしい」
「早く立ち去ってほしい」
怪我をせず殺されず、とにかく「生還」を願う気持ちです。
また妊娠を避けたいがために
「せめてコンドームを付けて」と頼んだりします。
これも女の子にとって最悪の被害を免れようという努力です。
※こうなってしまうと合意の上の性交渉に近くなりますが、女の子にとっては身体の被害を最小限に抑え、生き延びるための必死の抵抗策ということです。
レイプ_強姦_鬼畜_セックス_エロ画像_si001-3
性犯罪の犯行が長く続く場合,
被害者は,抗ショック相に移行して抵抗力が回復し,
身体が動けるようになったとしても,
既に犯人の方が優位に立っているので,
今更犯人と戦ったり,逃げたりするのは困難な状態に陥っていますから,従順に振舞うしかありません。

屈辱を受けた女の子~PTSD

4148bc200ec8092f3e037ee8237c7712_s抗ショック相の間にワイセツ行為や性被害を受け続け、
長時間身体を触られたり犯されたりと、
酷い屈辱に耐えながら頑張った女の子は、
重いPTSDに陥るケースが多いと言われています。
理由として、
抗ショック相の反応で、アドレナリンが出ることにより記憶が増強されますので,犯人から受けた屈辱の行為や情景を記憶してしまいます。
また、身体を触られた感触や声・におい等を鮮明に覚えてしまいます。
しかも,犯人に身を任せて全て受け入れ、従順に振る舞ってしまった自分の情けない姿をとてもよく覚えているので
重いPTSDを発症するということです。
※画像は全てイメージです。

79歳の男が準強制わいせつの疑いで逮捕!!

容疑者は79歳の男!
自宅を訪れた訪問看護の女性(38歳)を
睡眠薬で眠らせてワイセツ行為!!

睡眠薬で眠らせてワイセツ行為!!

【準強制わいせつの疑いで逮捕】
2019/12/17
「わいせつ目的で薬を粉状にしてスープに入れた」
4671c072f95178e9cce58600d4d34daf_s神戸市東灘区の男(79歳)は
自宅に訪れた訪問看護の女性(38歳)に
「飲みなさい」とスープを飲むように勧めた。
そのスープには睡眠薬のようなもの(?)が混入されていた。
スープを飲まされた女性は約2時間ほどの間、
寝込んだり意識朦朧としていたとのこと。
その後、意識が回復して目覚めた際に
「わいせつ行為をされたのかも・・」と感じたらしい。
報道では「胸を触るなどのわいせつな行為をしたとしている」とありますが、
自白によるものかどうかは定かではありません。

25140cf0d8701a5dd9c6ac65aa04b6f1_s女性が男性から勧められたスープを飲むということは、
普段から信頼関係が築かれていたのでしょう。
その信頼関係を坂手にとって・・・。

女性は一人暮らしの男の自宅に、
週に2回ほど栄養点滴のために訪問していました。
スープに睡眠薬を混入した男の手口は完璧に計画的です。
「持っていた薬を粉末状にしてスープに入れて女性に飲むよう勧めた」
と供述しているようですが、睡眠導入剤でしょうか?・・。
cbb058b54f5b4465fc93e30b3699ca8c_s

容疑について「胸を触るなど・・」と報道されているのは
おそらく看護師女性は睡眠薬で眠らされ、
朦朧とする意識のなかで、
男に胸を触られるような感触を覚えているからだと推測されます。

c98ae3326a8fd36efa410727959aeeae_s

「準強制わいせつ」とは

第178条(準強制わいせつ)
人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、
又は心神を喪失させ、
若しくは抗拒不能にさせて、
わいせつな行為をした者は、
第176条の例による。第176条(強制わいせつ)
13歳以上の男女に対し、
暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、
6カ月以上10年以下の懲役に処する。
13歳未満の男女に対し、
わいせつな行為をした者も、同様とする。

※写真は全てイメージです。